わたなべ眼科クリニック


白内障とは


白内障について

白内障とは、眼の中のレンズ(水晶体)が濁り、景色や文字等がかすんで見えたり、ぼやけて見えたりと視力が低下する病気です。 正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、白内障になると水晶体の中身のたんぱく質が変性して濁ってしまいます。水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射してしまい網膜に鮮明な像が結べなくなりその結果、視力が低下してしまうのです。

白内障の眼球

白内障の症状

うす暗い所では異常はないのに、屋外など明るいところではモヤがかかって見えたり、光が眩しいなどの症状が現れ、視力が低下します。また、近視になったり物がだぶって見えるなどの症状もあります。

白内障の見え方

正常な眼
問題なく見える。屋外など明るい場所でも異常な眩しさは感じない。

白内障の眼
モヤがかかって見えたり、明るい場所で光が異常に眩しく感じるなどの症状。

白内障の種類と原因

白内障が発症する原因は様々ですが、加齢が原因であることが一番多く、これを「加齢性白内障」といいます。加齢性白内障は一種の老化現象でもあるので、高齢の方は発症する可能性が高くなるのです。また、糖尿病などの合併症として発症する場合もあり、若い人でも発症するケースはあります。その他にも生まれつきであったり、目のケガや薬剤などの副作用から白内障が発症するケースもあります。

加齢性白内障…白内障の原因で最も多い、加齢による白内障。
外傷性白内障…眼の外傷によって発症する白内障。
先天性白内障…生まれつき水晶体が濁り、白内障を発症している。
併発白内障……ぶどう膜炎等に併発する白内障。
その他…………糖尿病など、内科的疾患の合併症としての白内障。
       その他、薬剤・放射線・紫外線などの副作用による
       白内障。

加齢性白内障
白内障の原因で最も多い、加齢による白内障。
外傷性白内障
眼の外傷によって発症する白内障。
先天性白内障
生まれつき水晶体が濁り、白内障を発症している。
併発白内障
ぶどう膜炎等に併発する白内障。
その他
糖尿病など、内科的疾患の合併症としての白内障。その他、薬剤・放射線・紫外線などの副作用による白内障。

白内障 日帰り手術


白内障 日帰り手術について

以前は白内障手術の術後は殆どの場合、入院をしていただきました。しかし、近年の白内障手術の手法や手術器械、眼内レンズ、抗生物質などの進歩は著しく、眼内レンズも折りたたんで挿入することが可能になり切開部位もとても小さくて済むようになりました。そのため手術時間も短縮され、通常の白内障手術は10分前後でできるようになりました。手術後の抗生物質も、わざわざ点滴をしなくても目薬と飲み薬で充分効果がある薬も開発されました。手術による目の負担も軽減され、個人差はありますが手術翌日から良く見えるようになり、点滴の必要性もなくなったことで、他の重篤な合併症のない方は非日常的な入院生活を送っていただく必要がなくなり、住み慣れたお家で安静にお過ごしいただけるようになりました。

院内

手術の流れ

白内障の治療は、主に手術による治療となります。
麻酔は点眼麻酔のみで、痛みはほとんどなく、手術中は医師の声が聞こえ、会話もできますのでご安心下さい。
目の強角膜(黒目と白目の境界の部分)を小さく切開し、濁った水晶体を砕いて取り出し、代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。
眼内レンズは一度入れたら、特に問題がなければ一生そのまま大切に使っていただくことになります。

流れ1
目薬にて麻酔を行います。多少しみる事はありますが痛みはありません。強角膜(黒目と白目の境界の部分)を約3mm切開します。
三角形
流れ1
水晶体を包んでいる袋の前側(前嚢)を円形に切り取ります。
三角形
流れ1
超音波を使って濁った水晶体の中身(核)を砕いて吸引し、周りの袋(嚢)だけを残します。
三角形
流れ1
残した袋(嚢)の中に眼内レンズを折りたたんで挿入します。レンズは自然に広がって、水晶体嚢内に固定されます。

Copyright (C) 2012 WATANABE EYE CLINIC. All Rights Reserved.